2020年の研修会

(1)第1回 大阪府難病診療連携拠点病院 北部地域研修会と南部地域研修会を2020年1月と2月に開催しました。各拠点病院から、難病支援の現状とこれからの取組みが紹介されました。また、研修会に参加した拠点病院の関係者、府・政令中核市保健所難病担当者との間で意見交換が行われました。プログラムは以下の通りです。

大阪府難病診療連携拠点病院 北部地域研修会のプログラム

  1. 「当院における難病患者の包括的支援 ~MSWの視点から~」
     大阪医科大学附属病院
  2. 「当院における未診断疾患イニシアチブ(IRUD)事業と在宅支援事業の取り組み」
     大阪大学大学院医学系研究科
  3. 「大阪赤十字病院における難病への取組みについて」
     大阪赤十字病院
  4. 「難病患者在宅医療・介護体制強化事業の実施について」
     北野病院
  5. 「関医科大学附属病院 難病センターの取り組みについて」
     関西医科大学附属病院
  6. 「当院における難病医療への取り組み」
     市立東大阪医療センター
  7. 総合討論
    「難病専門医療機関としての拠点病院と地域医療との連携について」

大阪府難病診療連携拠点病院 南部地域研修会のプログラム

  1. 「市大病院の難病診療の現状について」
     大阪市立大学医学部附属病院
  2. 「南河内二次医療圏にある一難病診療連携拠点病院の現状と課題」
     大阪南医療センター
  3. 「近畿大学における難病患者在宅医療支援について」
     近畿大学病院
  4. 「堺市立総合医療センターにおける難病診療体制の確立に向けて」
     堺市立総合医療センター
  5. 「大阪難病医療情報センターの役割」
     大阪急性期・総合医療センター
  6. 「難病の取り扱い実績」「難病相談の対応状況」
     市立岸和田市民病院
  7. 総合討論
    「難病専門医療機関としての拠点病院と地域医療との連携について」